アコムマスターカードでETCカードを作りたいときはどうすればいい?

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードを使おうと思ったら挿入時に認識エラーがよく起こるようになってしまったという方や車検時に預けた時に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

悪用されにくいとはいえなるべくカードを使うときだけ入れて使わない時は抜く習慣をつけましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

そんな中で免許を取ったばかりの方はETCカードを持っていない方が多いと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も見受けます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードがないアコムマスターカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレジットカードがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のアコムマスターカードを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

皆さんはクレジットカードの利用額はちゃんと管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

独立起業していてプライベート用や法人用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細、領収書を集める必要があります。

これはETCカードでも同じことが言えます。

クレジットカードでは各カード会社ごとに専用のページで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうので注意しましょう。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

その普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約90%が使っていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレジットカード支払いでは約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレジットカードをお持ちの方は追加で申し込み、持っていない方は新規でクレジットカード申し込みする際に同時に申し込みができます。

この前、インターネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを使って現金レーンでの支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCでの通行は入口?出口まで無線通行が原則となっており通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

ETCレーンエラーで料金所入口が無線通行できない場合は、料金所のスタッフに「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを直接手渡して処理をしてもらってください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

買い物などの様々な場面で付与されるポイントですがクレジットカード会社が発行しているETCカードを使って高速道路を利用しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにETC利用でも同率で付与されるカードもありますが、多くの場合ではETC利用時は付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路を利用する頻度などから申し込み先を選ぶのもいいかもしれません。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですがアコムマスターカードにはETCカードがないアコムマスターカードは用意されていません。

、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく毎年、年会費が発生するタイプがあります。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

トラブル対応に慣れている人って少ないですよね。

というのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中からアコムマスターカードしか見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからず自宅に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こんな時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように紛失などの予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

ETCカードを持っていないから欲しい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです、ですがアコムマスターカードにETCカードが無いことは覚えておいてください。

参考:アコムマスターカードはETCカードも作れる?【申し込み審査甘い?】

現在、クレジットカードを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にはアコムマスターカードを作らなければなりません。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時に出口でゲートが開かず通れなくなってしまうからです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを所持していないから親からカードを借りてくる。

という学生の話を見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードの利用規約に本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレジットカードと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座からまとめて後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性を含んだ行為になります。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

クレジットカード会社で申し込み、発行しているクレジットカードタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由でクレジットカードを作れないという状況でなければクレジットカードタイプをお勧めします。

その理由としてはクレジットカードタイプの場合は申し込みと同時に発行、現在アコムマスターカードを持っている場合は追加申し込みでとても楽なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?高速道路を利用する際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後に利用履歴を見ようとした時にはETC利用照会サービスに事前登録の必要です。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などいくつか情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや休日割引などの料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金、クレジットカード支払いで3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレジットカード会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

長期休暇を利用して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンを使えれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはアコムマスターカードを申し込む必要があり、アコムマスターカードをすでに持っている場合は問題ないですが新しくアコムマスターカードを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特典や年会費の有無など違いがあるので自分の利用状況に合うカードを探してみてください。

車の免許を取った学生の方の中にはクレジットカードを持つのが不安でクレジットカードはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレジットカードは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジットを預ければ誰でも作ることができ、平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってアコムマスターカードを作れない、作りたくない方にも発行されます。

アコムマスターカードを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。