借金したFX初心者の失敗談と断末魔のまとめ

FX投資で使用できるテクニカル指標として多数の方に使用されているのがボリンジャーバンドと呼ばれている指標です。

トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に理解しやすく、トレンドが出現したらエクスパンション(バンド拡大)が現れるので、トレンドフォローの取引に適しています。

さらに、バンドの収縮はトレンド終了のシグナルとして利用することができます。

外国為替証拠金取引には、専門用語がたくさんありますので、FXで初めて取引をされる方はよく使われる専門用語を記憶する必要があります。

FXにおけるポジションもFXで投資を行う場合に専門用語の一つとして、頻繁に使われます。

ポジションとは、直訳では「位置」ですけれども、FXでは「持ち高」のことを意味します。

持ち高の意味は、その人が通貨を持っている状態のことを意味します。

FXは他の金融商品に比較して手数料が低いので、利益を上げやすくなっており、1万円から投資を始めることも可能です。

24時間都合にあわせて取引可能ですし、金融商品の中でも、仕組みが理解しやすいので、初めての人でも気軽にできます。

レバレッジを利用することで、入金額よりも多い金額を扱うことが可能で、大きく利益を得ることができるかもしれません。

FXを始めたばかりの人は知識かつ経験もないので、勝つことが難しいです。

FX初心者が負けないポイントは、損切りのポイント設定が重要です。

また、1度の取引ではなく、損益をトータルで考えたほうがよいです。

9回の取引で勝っても、大きな損失1回でマイナスになりかねません。

FX取引にて適切なエントリーポイントで入ることはすごく重要です。

ベストなエントリーポイントで入ることができれば、すぐに利益を大きく出すことも可能です。

それと、仮に思惑が外れた時でも損切りの場合に出る被害が比較的少ないです。

とはいえ、100%完璧なポイントは難しいので、90%あたりを目指すとよいでしょう。

FX投資次第である利得は課税対象という事で確定申告が必要ですが、年間を通して利得を出せなかった場合にはする必要がありません。

でも、FX投資を継続するなら、儲けが出なかった場合でも確定申告を行った方が好ましいです。

確定申告するならば、損失の繰越控除が使用できるため、最長で3年間、損益を通算することが可能です。

FXではスワップポイントという名前で呼ばれる金利と似たようなものを毎日受け取ることが可能です。

この金利同士を日本のものと比べるとかなり高くなっているため、スワップポイントのためにFX投資を行う場合も少ないとは言うことができません。

FXは危険を理解しておけば、外貨投資のやり方としては簡単です。

FXの魅力のうちの一つは、レバレッジがというものがあります。

このレバレッジという用語を直訳すると「てこ」という意味の単語で、取引保証金(証拠金)をFX業者に預けると、その金額以上の売買が、できることを指します。

レバレッジをどのくらいかけられるかはFX業者次第ですが、規制前と比較すると、その倍率は低下してきています。

外国為替証拠金取引投資での予測が外れ続けると、その負けを忘れるために自分の意図した以上にお金を使ってしまう人もたくさんいます。

その結果、大きな損失を被る可能性があるので、FX講座には当面の間必要でないお金を入金しておかないようにしましょう。

これは口座に不必要な資金も入金してしまうと、まだ余力が残っていると思って余分な資金を投資してしまう可能性があるからです。

株式取引というものには自動的に税金を持っていかれていく特定口座が存在するのに対し、FXトレードではまだ特定口座がないので、税務署に自分で納税する必要があります。

だけど、計算間違いや、つい忘れたりして脱税してしまう過失が増加しています。

税率が株式と同じくらいになったFXでも特定口座制度を設けることが期待されているのです。

FXに出会って数カ月もしくは数年経つと、徐々に自分なりに勝っていく方法がわかってきます。

業者で準備されているテクニカルツールを使ったり、オリジナルのEAを使用することで、自分に適した取引方法を確立することが勝ち続けていくためには重要です。

FX初心者は知識経験ともないので、負けることが多々あります。

FXを始めたばかりの人が負けないようにするためには、損切りのポイントを設定しておくということが重要です。

また、1度の取引ではなく、総合の損益を考えた方がよいです。

9回の取引では利益が出ても1度の大きな損失によってマイナスになりうるのです。

FX取引においてスリッページとはトレーダーに不利な価格変動が起こって約定することを指します。

指値注文などの価格指定の注文を行わず価格を指定しない成行注文を行って失敗した時に発生します。

相場が激しく動く時に発生しやすくなりますが、約定力の高いFX業者で、取引した場合は起こりづらくなります。

FXでは投資家の損失額が増えすぎないように、予め定められた割合以上の損失が生じると強制ロスカットする制度を使っています。

相場が劇的に変動したり、翌日や週明け、大きな窓を開けて為替相場が始まるとロスカットのレベルを大きく離れてしまい、証拠金を超える損失が生じるケースがあります。

日経225とFXではどちらが簡単に稼ぐことができるのか、気になっている人も大勢いるのではないでしょうか?これはそんなに簡単に言えない問題で、その人の立場によって違うと思っておくのが賢明かもしれません。

どっちも投資という同じ点はありますが、何カ所か違う点があるので、そこを捉えて、自分に合っている方を判断するのが一番でしょう。

参考:http://www.utdo.net/