nisaのデメリットやメリットが知りたい!5年後はどうなる?

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引を例に考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品ですから、商品自体がもっているリスクも考えなければいけません。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回変更することができるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。

NISAを銀行でやろうと考えている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで始めるとかでないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、そのほうが安心して運用できるという方もいると思いますのでダメということではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAを開設できるのは2023年までとなっています。

運用期間は当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間まではすでに買っていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いがどうなるかをいくつか考えておくといいでしょう。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという面の二つがあります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、解約手続きはできますのでご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

いつでも解約できるという点は、iDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には良いと思いますが、収益を考えた場合物足りないかと思います。

独占の金融商品に特に興味がないのであれば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年間という期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAは最長5年という条件が設けられているのですが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、移行させることをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託のみの扱いとなりますが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

最長で5年間という制限があり、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

しかしながら、実際にNISAをはじめるかどうかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく何のためにやるのかという目的です。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAというものは最長5年間という有効期限があるからです。

この期限を迎えた時にできることをまとめておきます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、その時点で新たに買ったことになり当初の値段に戻っただけでも値上がり扱いとなることは知っておいてください。

nisaのデメリッとは?デイトレに向いていない?損益通算できない?

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますし、コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供が大人になった時のために、まとまったお金が用意しておきたいと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを無意識的に避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまうことの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、期間終了時に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAとは簡単に言うと、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

日本では2014年にスタートして、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、1人1口座だけ持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、NISA口座以外のものをNISAで運用するということはできません。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで気になってくるのが、変更前に買った金融商品が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はあるのでその点は注意が必要です。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株だと、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAとジュニアNISAの違いが気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが子供や孫の代理として運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまでは非課税で保有可能なのは大きなメリットですね。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券を利用することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際に強いと言われている金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金の分を株式投資に利用できれば、経済が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れた時に私たちにはいくつかの方法が用意されています。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

それから翌年のNISA枠にスライドさせるという方法もあります。

通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。

この決められたNISAの投資枠をどうするかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、含み損がでているものをそのまま証券口座に引き継ぐと、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、積立NISAは現物株や色々な投資信託が扱えるNISAと違って、投資可能な商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がかからないこと、公募投資信託あるいは上場株式投資信託ETFであることなどに限られています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

参考:NISAは確定申告不要なの?【必要な場合があるって本当?】

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却することになった場合、実質20万の含み損が出ているのですが、5万円分の利益が出たという事になってしまうのです。

ですので、含み損がでているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株について言えば会社の業績や先行きなどが株価に影響を与えます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAで投資をするにあたって1万円から始めたいという需要は一定以上あるようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株式取引をメインに考えてみますと、株っていざ買うとなると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がないと参加は難しいですし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。