NISAの口座開設と確定申告のおすすめは?申し込み方法

NISAの期間は2023年までです。

これはNISAが始まったとき決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとってはあとわずかな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

ではNISAの期限が切れるとどうなってしまうのか気になりますよね。

その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

非課税口座と課税口座の間で移行させることで、最終的な収益を計算しておきましょう。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

もちろん、FXなどのハイリスク型と呼ばれる商品も含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISA最大の特徴である税金を引かれないというのは、出て行くお金が少なくなるというメリットですから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAに失敗してしまうのはどのような原因があるのか気になりますよね。

大きく分けるとNISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、非課税期間終了時の確定申告はに含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がもっているリスクというのは簡単に言うと、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるというわけでなければ、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、投信や現物株で稼いだお金を非課税にしましょうという仕組みです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

日本に住んでいる20歳以上という条件がありますが、実際には一人につき一口座と決まっています。

非課税枠というとすごく魅力的なので詳しく確認してみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

5年間までという制限があるのですが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

NISA口座が開設できない未成年のための仕組みという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

契約済みのNISAを別の証券会社や銀行に変えたというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する時に強制的に解約しなければいけないのかどうかだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAを利用する最大の理由は非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。一定のラインを超えた場合には確定申告も必要になります。

参照:http://www.kabuho.net/kakuteishinkoku-huyou.html

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉で取り違えやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、限られた銘柄にしか投資できません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAで1万円から始めたいと思っています。

その場合の確定申告は必要なのでしょうか?現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引をメインに考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社でならば、特定口座か一般口座に引継ぐ形となりますが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料をひっくるめてデメリットと言えそうです。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは預金と比較してどうかということではなく、起こりうるリスクがどうやって現実化していくのかというメカニズムを知ることです。

株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAのリスクは主に2つあります。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が発生したときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という非課税期間の期限の確定申告があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAの口座開設と確定申告を考えているなら、まずはじめに考えるなくてはいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中でどこが一番自分にとってよいのかを厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけで決めてしまうのではなく、キャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料がかからないというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。