ツアーや修学旅行に同行する看護師業務もある?!ツアーナースは大変?

履歴書というのはあらゆる物を書くべきではありません。
必要な事だけを書くのが良いのです。
ツアー旅行や修学旅行等に同行し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をしてくれる看護師もいます。
子供がいる結婚している人は土曜日曜の休日があったり、夜勤のない職場を希望しているものです。
病院以外の場所で勤務するには、そのケースに応じた専門知識を習得している認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。
かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。
けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。
なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についてもわかるようになったりするようです。
看護師が働き先として違う病院を探す場合にも、公共職業安定所や民間の求人情報誌などを利用して仕事を得ようとするのが普通だと思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
ですから、私生活との折り合いも付けやすく離職率は断然低いのです。
でも、驚くことにこういった媒体に求人を出す病院というのは珍しいくらいです。
ハローワーク、求人情報誌で、人材募集しているような病院は給与面などの条件、職場環境に問題があり、医師や看護師を集められないという病院が多いでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。

看護師が修学旅行に引率する業務大変?【添乗看護師への転職】