プロミスで借りた後はどうなるのか知りたくないですか?

現在の消費者金融プロミスには怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されプロミスのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているプロミスのカードローンと消費者金融が提供しているプロミスのカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のプロミスのキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融プロミスのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度プロミスのカードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

普通、消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融プロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融プロミスのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融プロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

引用:http://www.cardloan-senyou.com/osusume/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%81%a7%e3%81%8a%e9%87%91%e3%82%92%e5%80%9f%e3%82%8a%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%af.html

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でプロミスの借りやすいキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融プロミスと銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融プロミスですが審査能力は非常に高いです。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融プロミス業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務は為替や証券、預金などの業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。